SDGs
SDGsとガラスコーティング

SDGs 「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」は20 ...

続きを見る

G-COAT-ガラスコーディング

ガラスコーティングのG-COAT(ジーコート)山梨 甲府のご紹介

G-COAT(ジーコート)は山梨県甲府市でガラスコーティングを専門に扱っている会社です。
特殊なガラスコーティングで、ミクロンの薄さでスマホなど身の回りの商品をしっかり保護してくれます。

まだスマホにガラスフィルムやケースを使っていますか?
スマホは美しい曲面の外観にとてもデザイン性の高い作りになっています。

それを全部隠してしまってはもったいないとしか言えません。
これからは、スマホ全体をガラスコーティングする時代です。

ガラスコーティングなら、スマホの本来の美しさをそのままにしっかりと保護してくれます。
滑らかな手触りとデザイン性の高い美しい外観をそのまま持ち歩く事ができます!

G-COAT(ジーコート)山梨甲府では、最新のガラスコーティング素材を利用して、極薄ですが従来のガラスフィルムより強度のある被膜の施工ができます。
スマホに限らず、時計や眼鏡(メガネ)、iPad、ゴルフクラブ、ノートパソコン、貴金属、カメラレンズなど多岐に渡りガラスコーティングをする事ができます。

ガラスコーティングする事で、新しいものは更に長く大切に使い続ける事ができ、古くなり今までなら捨てしていた物を蘇らせて大切に使用する事が可能になります。
もう、使い捨ての時代は終わりです!

身の回りにあるものを長く大切に使う「アンチエイジングの時代」が来ています。
それを現実のものにできるのが、ガラスコーティングのもう一つの素晴らしいところです。

当社の扱っているナノガラスコーティング溶剤(G-POWER)は防弾ガラスの製法を応用して、10年以上の開発期間を経て作られた特赦な溶剤です。
普段は、冷凍庫で保存しなければならない常温ではすぐに変化してしまう取り扱いの難しいナノガラスコーティング剤を使用しています。

実際にG-COATで施工するガラスコーティングによって得られるメリットを少しご紹介します。

最近はマスクをしなけれはいけない生活が多いので、寒い朝などメガネのくもりに困らせられた経験をお持ちの方は多いと思います。
眼鏡は一旦ガラスコーティングをしますと、簡単に曇らないようになります。

メガネのくもり止めはいろいろありますが、すぐに効果がなくなり結局面倒で使用していない。
メガネは簡単に手垢などが付いてしまい毎日メガネ拭きなどで綺麗にする必要があります。

忙しい時などは、そこらへんの布やティッシュで拭いてしまっていませんか?
この作業を毎日何回も繰り返すのですから、メガネレンズの表面はどうしてもキズが付きやすくなりメガネのくもりの原因となっています。

G-COATのナノガラスコーティングでは、メガネのくもりを軽減する効果を持続する事ができます。
メガネの扱い方によって効果継続の期間は違ってきますが、普通に使用していたら1年以上は効果が持続します。

施工時間は数十分で済みますので、お待たせする事はありません。

G-COATの施工するガラス被膜は表面に極端な力を無理に加えない限り2年以上はその効果を持続します。
スマホの場合には、通常使用なら2年間は綺麗な状態を維持してくれます。

手垢や汚れが付いても、軽く拭くだけですぐにピカピカの状態に戻ります。

一旦施工しますと長く綺麗に使えますので、お財布にも優しく物を長く大切にできるという意味ではSDGsにも役立ちます。
多くの方がスマホにガラスフィルムを使用していますが、ガラスフィルムの厚さが指でタップした時の反応を鈍してしまいます。

その点、ナノガラスコーティングでは超極薄のコーティングで表面の滑りを良くしますので、驚くほど反応が良くなる利点も皆さんに喜ばれています。
カラスフィルムのように定期的に割れてしまう事もないので、安心です。(^^♪

G-COAT(ジーコート)山梨 甲府のガラスコーティング剤はナノパワーでしっかりと表面に付着

ガラスコーティングと言いますと、クルマを連想される方が多いと思います。
ですが、最近ではこのガラスコーティング剤が改良されて、ナノと言う極小の部分までガラスコーティング剤が入り込む事ができるようになりました。

G-COATでは、G-POWERのガラスコーティング剤を使用しています。
G-POWERは、防弾ガラスの製造工程から誕生した【有機物ゼロ】【純国産】【無機質100%】のガラスコーティング剤です。

どんなにツルツルに見える表面も電子顕微鏡で見ますと、凸凹になっています。
このナノ単位のでの凹凸に最新のガラスコーティング剤は入って行きます。

物の表面のごく最小のナノと言う世界でガラスコーティングをしていきますので、しっかりと物の表面と結び付いたコーティングができるようになりました。

G-POWERナノコーティング

上記のようにナノサイズの空間までしっかり素材へコーティング剤が入る事で、素材の表面はフラットになり強いコーティング力を得る事ができます。
ナノの空間にコーティング剤を綺麗に入れる施工は簡単ではありませんが、十分に訓練され知識を持った者が施工をしますので出来上がりはとても綺麗です。(^^♪

G-Powerは、添加物無しの純度100%のガラス被膜

通常のガラスコーティング剤は添加物を混ぜて化合物として素材の表面にガラス繊維を付着させます。
ですが、G-POWERは添加物無しの純粋なガラス被膜を作りますので、紫外線の影響を受けて劣化する事が無いので、劣化しにくい構造になっています。

添加物がありますと、紫外線と反応して短期間で被膜が弱くなってしまいます。
無機質100%のガラスコーディングですので、従来の有機質系のコート剤と異なり紫外線に強く割れや剥がれが各段に改善されます。

更にG-POWERは防汚・防カビ・消臭・抗菌・防炎・帯電防止効果にも優れています。
有機溶剤を使用していないので人体にも安全です。

又、G-POWERのガラスコーティング剤には、目に悪いとされているブルーライトを低減する効果もあります。(^^♪
同じようなガラスコーティング剤が、ホームセンターなどで、プラスチックケースに入れて常温で販売されています。

当社G-COATのガラスコーティング剤は、通常保存は冷凍で、使用する場合には真空パック又はガラス瓶などに入れて保管する必要があります。
ホームセンターで販売されているガラスコーティング剤は常温でも保管できるように不純分が入り販売できるようになっています。

当社の扱うガラスコーティング剤は添加物ゼロで純度100%の繊細なコーティング剤をを使用しています。

G-POWERは添加物無しだから強い被膜を作る

G-COAT(ジーコート)の施工は6×3の18層のガラスコーティング被膜

G-COATでは、一つの面に3回ガラスコーティングを行います。
1回のガラス施工で、6層の被膜ができますので、3回の施工で合計で18層の被膜を作る事ができます。

一般的なガラスコーディングでは、ガラス繊維に不純物を添加する事で化合物として素材の表面に定着させます。
ですがG-POWERでは、塩化物の無い純度100%のガラス素材を使用し、更に3回施工する事で、18層の被膜を作って素材の表面を守ります。

G-POWERは18層の被膜jpg

3回の施工で、18層の石垣状の強いガラス被膜を作ります。
施工当日は、4Hほどの強度になりますが、1週間後には9H以上の堅さに変化します。

石垣状の被膜は外からの力い強い

ナノガラスコーティングに抗菌防臭効果を実現

当G-COATで扱うG-POWERには、酸化チタンが配合されています。
酸化チタンは光を当てると触媒反応により空気中の酸素と水に反応して、活性酸素(OHラジカル)を表面に形成します。

酸化分解反応(光触媒)による防汚・抗菌・脱臭・空気清浄効果

光触媒に高いエネルギーを持つ光を照射しますと、触媒反応によって空気中の酸素と水分からOHラジカル(活性酸素)を生成して強い酸化力が発生します。
その酸化力によって有害な化学物質や環境ホルモン、ウイルスなどの有機物を分解して水や二酸化炭素に分解され無害化する効果があります。

これにより防臭・抗菌効果を得る事ができます。

光触媒

超親水性反応による汚れ、曇り防止効果

酸化チタンは非常に親水性の高い物質で、汚れやNOx(ノックス)よりも親水性が高いため、表面に水の膜を作りその上に汚れなどが付きます。
ですので、水洗いや少しの力でふき取る事で、常に綺麗な状態を維持してくれます。

建物の外壁に光触媒をコーティングしますと、表面に水が付くと水滴にならずに水の膜を作ります。(防曇)。
酸化チタンも同様に強い親水性があるので、汚れの下に水の層を作り汚れを浮き上がらせてくれます。
雨など水が掛かると自然に汚れを洗い流してくれます。(セルフクリーニング効果)。

※NOx(ノックス)は、酸性雨などを引き起こす大気汚染原因物質です。

超親水性反応

超親水メカニズム

G-POWERに入っている酸化チタンは、光を受けることで空気中の水分と反応し、表面に親水基(-OH) を作ります。
この親水基は、水との接触角を限りなく0° に近づけ、表面をほとんど水を弾かない水の膜にします。

ですので、どんな汚れもその下に水の層がある事になりますので、簡単に落とす事ができます。
G-POWERのガラスコーティングは、このメカニズムが繰り返される事で持続性を発揮します。

超親水メカニズム

G-COATで扱っているガラスコーティング剤の構造と特徴

溶剤の主要成分は、ケイ素化合物・二酸化チタン・ジプチルエーテルです。
水分と反応させますと、瞬時に厚さ300~800nmの無職透明なガラス膜を形成します。

G-COATでは、このガラス層を作る作業を3回繰り返す事でより強いガラス層に仕上げています。

公的機関での実験データーによりますと、G-POWERコートされた素材に光照射をした後8時間後には、大腸菌、黄色ぶどう球菌ともに除去された事が証明されています。
更に、2020年9月25日に奈良県立医科大学、東京工業大学、神奈川県立産業技術総合研究所の研究グループが可視光応答形光触媒(CuxO/TiO2)による新型コロナの不活化を確認したとの発表がありました。

具体的な検出結果によりますと、光照射後2時間でウイルスの99.99%が減少したとの事です。

可視光応答形光触媒による新型コロナの不活化を東工大などが確認

g-powerの抗菌効果データ

スマホから出る人体に有害とされる電磁波を90%カット

あかちゃんへの電磁波の影響

スマホが普及し始めた頃、電磁波の問題が大きく報道されました。
この電磁波は、電子レンジに使用されている電磁波と同じで、長い間スマホの電磁波を体の近くで起こす事は何となく危険な気がします。

スマホの電磁波に関しては、総務省で安全と声明をだしていますが、できれば電磁波を浴びない方が良い事は間違いありません。
当G-COATで使用しているG-POWERのガラスコーディングには、この電磁波を90%防ぐ効果があります。

最近は小さな子もスマホを使用しますので、何となく防ぐ事ができたら安心です。

電磁波を90%カット
下記はG-POWERの電磁波試験と、抗菌検査のPDFになります。
G-POWER電磁波検査 G-POWER抗菌検査